3ヶ月経っても家が売れない場合~中古物件はどうすれば?

不動産屋と契約して物件の売り出しを開始。そんなに悪い物件ではないからすぐに売れるかと思っていたら1週間、2週間、3週間...1ヶ月、3ヶ月経っても売れない。

大体3ヶ月くらいあれば売れると聞いていたのに、どうして自分の物件は売れないのか?

どうすればいいの???と不安になっている方もいるのではないでしょうか?実はこんな状況の方が意外と多く、そんな場合は、まずはどこに原因があるのかを考えてみる事が必要になってきます。

3ヶ月経っても売れない原因がどこにあるのか考える

まずはどんな販促活動をして、反響はどれくらいあったのかを考えて見ることが大事。

など、担当営業マンと一緒に原因を考える必要があります。

内覧はどのくらいあったのか

内覧があっても他と比較するので売れない事は当然あります。しかしそれが他の物件の方が良かったからかどうかはわかりません。もしかしたら、売主の対応が悪かった可能性もありますし、営業担当者が、他の物件を売る為に内覧させている可能性もあります。また、住んだまま売却する場合は仕方がない部分もありますが、きちんと清潔感があるように掃除していますか?自分が思うキレイではなく、客観的にキレイと思われるレベルまで掃除などはする必要があるはずです。

内覧にそこそこの件数が来ているのに売れない場合、売主、営業マン、物件などあらゆる可能性を考えて心当たりがあれば改善する必要があります。

また内覧件数が少ない場合、売れる訳がありません。たまたま気に入ってくれて売れるという事もありますが、基本的には買主は数件見て検討するので、よほど印象に残らないと売れません。

内覧件数が少ない原因を考えてみましょう。物件資料は興味を引くように写真などを入れて作られていますでしょうか?まず買主との接点となる物件資料は充分に魅力が伝わる内容にしておかなければいけません。

間取りだけで情報も最低限の資料に魅力を感じませんし、内覧したいとはなかなかなりませんので、物件の写真を入れる、その他に物件ならではのアピールポイントをわかりやすく見せられているか等、買主に興味を持ってもらう工夫が必要です。

売り出し価格は適切なのか

内覧件数が少ない場合、価格が相場と合っていないという可能性もあります。売り出し価格は売主が決められるので自由なのですが、地域、立地によって相場があるので、買主は相場を基準にして物件を探し、できるだけ安くなる事を望んでいますので、相場から極端に離れた物件は売りづらくなります。

その為、もし内覧がまったくないのであれば可能性として価格が相場と合っていない可能性はあります。しかし、数件でも内覧に来ているなら相場と異なっていたとしても、「その地域に住みたい」など考えている方がいる可能性があります。

もし、現在契約している不動産会社にしか相場を聞いていなかったり査定してもらっていないなら、一度、不動産一括査定サイトで査定してみてください。大手から地元企業まで信頼できる複数の会社から一括で査定見積もりをもらえるので相場を確認してみると良いでしょう。

売り出し価格は自分で決められと言いましたが、基本的にはまず、相場ありきで考えておいた方が無難です。高すぎる価格に設定しても売れなくて時間のみ経過してしまう可能性が高いので、市場の状況を踏まえて、高く設定する場合でも相場よりも少し高い程度にしておいた方が売れる可能性は高くなります。

もしも、「絶対にこの価格でないと売らない」という価格があり、相場よりもだいぶ高い価格で売りたいなら、それ相応の戦略の元で売らないと難しいですし、ターゲットとなる買主の幅も狭くなるので、一緒に戦略を練ってくれる業者を選ぶ必要があります。

充分に物件情報が伝わっているのか

充分に情報が伝わっていない可能性を考えてみましょう。情報を知ってもらう為には、レインズであったり、ターゲットとなる方へのチラシ配布、大手ポータルサイト経由などが考えられます。

例えば大手ポータルサイトで考えてみると、これから中古物件を購入しようとしている方は以前であれば不動産屋に行くのが主流でしたが、現在ではまずインターネットで探す方が多いと思います。どんな中古物件があるのかをポータルサイトを利用すれば不動産屋に行くよりも多くの物件を確認することができる為、有効に活用できます。

ここで問題になってくるのが、上記でも少し触れた、売り出し価格です。

大手ポータルサイトで条件に合う中古物件を探す場合に、条件の絞込みを行うと思いますが、その中には価格の絞込みが可能で、その絞込みの範囲が500万円区切りとなっています。

どういう事になるかというと、売り出し価格が3000万円とした時に、もし絞込み検索で2500万円以上3000万円未満として絞込み検索されてしまったら、3000万円の物件はでてきません。

しかし、売り出し価格3000万円だとしても2500万円以上3000万円未満の予算の方も購入してくれる可能性があるターゲット層かと思います。

売り出し価格の設定だけで見てもらえる機会が少なくなってしまう事になるので、少し考えて価格設定する必要があります。仲介を依頼した不動産会社の方が言ってくれるとは思うのですが、中には考えずに設定している事も多くある為、知っておかないと、情報が伝わらないため、機会損失になってしまいます。

中古物件が売れない原因を早く解明する

上記で、売れない原因について、少し紹介しましたが、これだけではなく、もっと多くの原因が物件によってあると思います。3ヶ月売れないと不安になり、価格を下げるしかないのかと思ってしまいますが、価格を下げる前に絶対にやるべきことがあるはずです。思い切って、引越しして売りやすくする方法であったり、住宅診断して安全性をアピールする、ホームステージングで物件をモデルルームみたいに魅力的に変えてみるなど、やれることは沢山あります。

価格を下げれば確かに売りやすくなりますが、本当に最後の手段と考えた方が良いと思います。専任契約を結んでいるなら、不動産会社は売主に状況報告の義務がありますので、その報告を聞いた上でどのようにして売却していくのか、売れない場合は違う戦略を考えてみるなど、きちんと対応した上で売れないのなら、もう少し気長に考えて売却していくのもありです。

しかし、あまり熱心に動いてくれていない感じがするなら業者を変更する事も検討してみると良いと思います。

どちらにしても早目に売れない原因解明して、改善していく事が重要です。

不動産関連お役立ちリンク

不動産購入売却時の抵当権がわかる